台風が来ると頭痛が | 喜びの声NO.1肩・腰・膝の痛み、むちうち治療、交通事故

Blog記事一覧 > 大野城市の頭痛 | おおぎ整骨院|大野城市で評判や口コミも多数ある結果にこだわる院の記事一覧

台風が来ると頭痛が

2022.09.01 | Category: 大野城市の肩こり,大野城市の頭痛,豆知識

こんにちは松谷です。台風が福岡に来る可能性がありますね。台風の時は頭痛が出やすいです、これは台風が低気圧の王様で低気圧の中では頭痛が出やすいからです。

低気圧の中では関節や血管が膨らみます、そのせいで関節痛や片頭痛が出ます。

今日は頭痛の話なので片頭痛が出た時の対処法の話です。

自分の経験上 安静にする 頭を冷やす 目を閉じる コーヒーを飲むなどネットに書かれていることは全く効果がなかったです。それよりも首の筋肉を緩めた方が良いですね。

これは片頭痛が出た際に筋緊張性の頭痛も併発しているからと考えています。

ぜひ試してみてくださいね。

首こり必見!

2022.07.13 | Category: 動画,大野城市の肩こり,大野城市の頭痛

こんにちは松谷です、こちらの動画をぜひご覧ください

 

【首こり】【肩こり】【3分半】治らない首こりの方はぜひ見て!

台風接近中ですね

2022.07.04 | Category: 大野城市の頭痛,膝痛,豆知識

おはようございます松谷です。明日は福岡は台風ですね、スタッフをお休みさせるかの判断が要りますね。

台風というのは強力な低気圧です、気圧と体の関係は深く、台風が来る前日などは頭痛が出たり膝が痛くなったりします。古傷が痛乱すというのも良くききますね。

なぜそうなるかというと関節内の内圧と気圧の関係で起こります。

無理をしないように過ごすことも大切です。

それてくれると良いですね。

年齢だから仕方ない なんて言いません!

2022.06.29 | Category: 坐骨神経痛,大野城市の五十肩,大野城市の肩こり,大野城市の頭痛,腰痛,膝痛

こんにちは松谷です、例えば膝が痛い患者様だったらもちろん膝を診ますよね、

変形がないか

どこに痛みが出るのか?

他の院や病院でもここまでは診ます。

問題は『なぜ?』そうなったかです。

当院ではここを患者様と一緒に考え調べていきます。

僕からは解剖学・運動学の知識や今までの患者様での経験談、を患者様からは日常の動作や仕事内容などから膝の痛みの原因『なぜ』そうなったかを見つけます。

痛むのは膝だが他の部位を調べてみると股関節が内外旋しづらい、患者様からも股関節が昔から固いというお話が出る、歩いてもらうと股関節の固さのせいで膝が歩くたびにねじれている、であれば股関節を内旋させる大腿筋膜張筋を触診して筋のハリを緩めてみる、また歩いてもらい変化を確かめる

これは一例ですがしっかりと調べることで本当の原因だったり黒幕を見つけ出せれば膝が良くなると考えています。膝だけでなく腰も肩も頭痛も全て一緒です、よく調べもせずに

『年齢のせいだから』

『ヘルニアっぽいね』

『もう治らないから付き合っていくしかないよ』

なんてことは言いたくありません。これは

 

『自分には治せません』

 

と言っているようなものです。

患者様は困ってきてくださっているわけですからね、本当に自分の手に負えない症状以外はとことん原因を追求して行く姿勢が必要と考えています。そのため当院では初診の方は予約枠3つ分お取りします(1時間)

例え本当に年齢のせいで変形していたとしても、MRIで本当にヘルニアが見つかっていたとしても、調べ尽くせば痛みが取れる可能性は大いにあります、ぜひあきらめないでください。

偏頭痛と筋緊張性頭痛の見分け方

2022.06.15 | Category: 大野城市の肩こり,大野城市の頭痛

おはようございます松谷です。9時20分の予約にキャンセルが出たのでこの時間にブログを更新しています。

昨日の患者様で

『今日は頭痛がひどい』

という患者様が来院されました。

頭痛は3種類に分類しています。

偏頭痛  筋緊張性頭痛  群発性頭痛 の三つです、このうち群発性頭痛は病菌からくるものと考えています、基本的に当院には偏頭痛と筋緊張性頭痛での来院が多いです。

この二つは治し方が少し違います。しかもどちらか一方だけではなく

偏頭痛3 筋緊張性頭痛7 のように併発しています。

まずはどちら優位か

それを調べて行くことが大切です。

まずはこんなふうに頸動脈を押さえてみてください。これで痛みが少なくなれば偏頭痛優位ということになります。(痛い方の頸動脈を押さえます)

偏頭痛は低気圧になることで体の中も低気圧になり血管が膨張して血流の流れが激しくなって起こるので血流を止めることで変化を感じることが出来ます。

どちらにしても首をほぐすことが重要ですが

自分の頭痛がどちらかな?

と分かっていた方が良いです、昨日の患者様は偏頭痛優位でした。ぜひ一度試してみてくださいね。